研究テーマ

コンテンツ指向ネットワーク

インターネットでは、メッセージはコンピュータ(ホスト)に宛てて送られる。例えば、ウェブでは、http://www.google.co.jp/を指定すると、www.google.co.jpというホスト名に対応づけられたコンピュータにウェブページの要求が送られる。しかし、ユーザが本当に欲しいのはウェブページそのものであり、ホストに対して要求をしているつもりはない。このような現在のインターネットの制約により、ウェブページがあるコンピュータから別のコンピュータに移動していた場合には、必要なページにたどり着けないという状況が発生する。

このような現在のインターネットの問題を解決しようというのがコンテンツ指向ネットワークである。コンテンツ指向ネットワークでは、メッセージの宛先は、ホスト名ではなく、コンテンツ名によって指定される。したがって、要求されたコンテンツがネットワーク上のどこにあるかには関係なくそのコンテンツを取得することが可能になる。


Fed4IoTプロジェクトは、IoTデバイスを仮想化することにより、これまで個別に運用されていたIoTシステムを連携させるとともに、複数のIoTシステムをまたがるIoTサービスを容易に開発できる仮想基盤を構築するプロジェクトである。IoTデバイス仮想化により、CAPEXを低減させ、IoTシステムを普及させることもこのプロジェクトの目的である。

中里研究室では、IoTシステムを連携させる仕組みとして、コンテンツ指向ネットワークを活用し、使いやすいIoT連携システムを構築することを目指している。

Fed4IoTでは、日本の四機関(早稲田大学、金沢工業大学、パナソニック、IIJイノベーションインスティテュート技術研究所)と欧州の四機関(Consorzio Nazionale Interuniversitario per le Telecomunicazioni、Easy Global Market、Odin Solutions S.L.、NEC Laboratories Europe GmbH)が協働することにより研究が行われている。